投げ釣り初心者の釣り講座

このサイトは、これから投げ釣りをされる、初心者さん向けの釣り情報サイトで、キス釣りとカレイ釣りについて紹介しています。内容は、投げ釣りの釣り方、投げ釣りの道具、投げ釣りの仕掛け、投げ釣りのエサ、そして投げ釣りで必要な釣り具の紹介をしています。

そもそも、投げ釣りとはどのような釣りかっ、と、単純に考えると、仕掛けを遠くへ飛ばしてする釣りの事で、主に海で行う釣りの事を指します。 また、このサイトではキス釣りとカレイ釣りにいて紹介していますが、投げ釣りは、地域、釣り場、釣りポイント、そして投げ釣りをする時期にもよりますが、様々な魚が釣れます。

※ まず最初に、これは絶対に覚えておいて下さい。知らない魚は、決して素手で触らないで下さい。 魚の中には、背ビレや胸ビレに毒腺を持っているものがいます。 また、歯の鋭い魚、背ビレやエラが凶器になる魚もいますので、くれぐれも注意が必要です。

それと、魚釣りは自然相手ですから、必ずしも思い通りに釣れるとは限りませんので、あらかじめ頭に入れておいて下さい。

もし、あなたが投げ釣り初心者さんなら、最初から高価な釣り具を揃える必要はありません。竿やリールなどは、別にセールで売っているお買い得釣り具で、投げ釣りを楽しむ事が出来ます。 また、投げ釣り用の仕掛けも各釣りメーカーから出ていますので、市販の投げ釣り仕掛けで十分投げ釣りを楽しむ事が出来ます。

キスについて

日本列島には4種類のキス(シロギス、モトギス、ホシギス、アオギス)がいます。一般にキスといえば、北海道北部と沖縄をのぞく日本各地で釣れるシロギスの事を指し、夏の代表的な魚です。

このキスは、小さな魚体に似合わずアタリは大きく、そしてこごち良い引きで楽しませてくれます。キスの旬は、GW明け~7月ぐらいです。この時期は、産卵のため浅場に寄ってきますので、投げ釣りで狙う釣り人が多くなります。

また、投げ釣りで釣れる時期は、初夏から初冬までで、水温の下がる真冬は深場に落ちて行きます。

カレイについて

カレイは、イシガレイ、メイタガレイ、マコガレイ、ホシガレイ、ババガレイなど沢山の種類のカレイが日本の各地に生息しています。私が出掛ける釣り場で、投げ釣りの対象となるのは、主にマコガレイとイシガレイです。

また、投げ釣りで釣れる時期は、産卵をひかえた10月~12月頃に接岸し、エサを良く食うとされています。 シーズン初期は、カレイが食う前に、キス、ベラ等のエサ取りが先にエサを食ってしまう事も良くあります。 その後、1月~2月頃は産卵の為、一般的に食いが悪いと言われています。

そして、水温が上昇する4月頃から釣れだし、GWぐらいまで体力回復の為エサを良く食うとされています。 カレイは、同じ投げ釣りで釣れるキスよりも絶対数が少ない為、なかなか顔を見る事が出来ないかも知れません。また、エサ代もキス釣りに比べると結構高くつきます。