キスとカレイは若干釣り方が違う

投げ釣りは、竿を複数本出して置き竿で狙う方法と、竿は1本のみで、この竿を手に持ち、誘いをかけながら釣る引き釣りという方法の、2種類があります。 キスは引き釣りで、カレイは置き竿で狙うのが一般的です。

主に、キス釣りで行う引き釣りは、仕掛けを投入後は、竿を手に持ったままリールをゆっくりと巻き、仕掛けを引っ張ってきます。 引くスピードは、釣り場、釣り人によって違うので、色々と試してみる事を、お勧めします。アタリは、キス特有のブルブルッとした感触が、ダイレクトに伝わってくるのがなんとも言えません。

キス釣りは、アタリがあったとしても、直ぐにアワセる必要はありません。キスは、向こうアワセの魚です。 ここで注意したい事は、キスは小さい群れでいることが多いので、追い食いを狙います。 また、アタリのあった場所をミチ糸の色などを見て覚えておき、次の投入の時に同じ方向に仕掛けを投げて狙います。個人的にはキスの投げ釣りは、引き釣りで狙う方が、得策だと考えています。

投げ釣りでカレイを狙う場合、基本は置き竿で狙います。出来れば同じタックル(同じ竿と同じリール)を3セット用意します。投げる位置は、遠投、中投、近投と投げ分けて様子を見ます。 仕掛けを投入後に三脚に竿を立てかけて、ラインを張らず緩めずの状態でカレイのアタリを待ちます。アタリが無い場合は、リールを少し巻いて仕掛けを移動させ、エサの位置を変えます。

そして、定期的に巻き上げて、エサを新鮮なものに替える事も忘れてはいけません。また、エサの交換時は仕掛けの点検もします。 また、カレイは時合いにならないと食わないないと言われています。ポイントによって、朝まずめや夕まずめ、上げ潮や下げ潮、潮止まりなど。また午前中かそれとも午後といった感じです。

どの釣りにも言える事ですが、本命がエサを食う前にエサ取りに食われてしまう事があります。釣り場によって色々なエサ取りがいますので、釣り場にあったエサ取り対策が必要になってきます。 ちなみに、何処にでもいるエサ取りで代表的なのがフグです。この魚はエサと一緒にハリを食ったり、ハリが残っていたとしてもハリスを傷つけたりします。 仕掛けの点検は、マメに行って下さい。

虫エサがメイン

キス釣りの定番は虫エサです。いわゆるイソメです。よく使われるのは、青イソメや石ゴカイで、何処のエサ店でも容易に入手出来ます。値段も手頃で個人的には石ゴカイを500円購入し、キス釣りを楽しんでいます。

但し、竿は1本で半日程度の釣りです。また、暑い時期は弱るのが早いので、木製のエサ箱に移し、クーラーボックス に入れておくようにします。特に石ゴカイは弱ると細くなってしまうので、注意が必要です。

その他には、チロリやマムシといった虫エサがありますが、キス釣りには高価なのがたまにキズです。個人的には石ゴカイで十分だと考えています。 そして、カレイ釣りも虫エサです。特に、マムシは匂いでカレイをさそうといわれ、カレイ釣りには最高のエサだとされています。

但し、このマムシは少々値段が高く、釣り人にとって頭痛のタネです。 また、コガネ虫やボケなどのエサもありますが、遠投には不向きです。その他、何種類かの虫エサもあります。 また、地域によってこのエサしか食わないといったエサもあるので、地元の釣り具店で情報を収集して下さい。

ちなみに、私が釣行する場合はマムシと青イソメを購入します、仕掛けは2本針で、1本の針にマムシを付け、そしてもう1本の針には青イソメを房掛けにしてカレイを狙います。