並継ぎ竿

並継ぎ竿
竿は出来る限り遠投しますから、投げ釣り専用の並継ぎ竿がお勧めです。しかし、少々困るのがコンパクト性に欠けている点です。また、値段の高いものが多いのも事実です。どちらかといえば、投げ釣りを専門にしている上級者向けといった感じです。

振出し竿

振出し竿
振出し竿 並継ぎ竿に比べると値段も手ごろで、各メーカーから出ている種類も多いので、比較的こちらの振出し竿の方が人気があります。

最近の振出し竿は性能も良くなっていますから、決して並継ぎ竿に引けを取るようなことはありません。それとなんと言っても仕舞い寸が短いので扱いやすいです。

リール

リール 投げ釣りのリールといえば大型スピニングリールの事です。特徴は遠投する為、スプール径が大きく溝が浅くなっています。

また、ドラグ機能の有無ですが、キスの引き釣りでは殆ど必要は無いと思います。カレイ釣りの場合、思いもよらない外道などが、食ってくる場合があるので無いよりも有る方が良いかも知れません。

ちなみに、私はカレイ釣りもキス釣りもドラグ無しのリールで釣りをしていますが、これまで困った事は一度もありません。

それと、ちょっと手が出せない高価なリールになると、右巻き専用とか左巻き専用というものがあります。要するにハンドルを左右変更出来ないんです。従って購入する場合は良く確認する必要があります。

ミチ糸

ミチ糸 ミチ糸は、一般にナイロン、フロロカーボン、ポリエチレン系(PE)の三種類があります。投げ釣りでキスを狙う場合は、距離が稼げるPEラインがベストだと思います。カレイを狙う場合、ナイロンですと3~5号ぐらいまでPEなら1~2号で良いでしょう。

個人的にはキス釣りはPEライン、カレイ釣りはナイロンラインと決めています。別にこれと言った理由はありません。
また、大型のカレイが釣れる釣り場では、それなりの太いラインを使う事をお勧めします。

チカラ糸

チカラ糸 細いミチ糸に直接テンビン等の仕掛けを付けると、投げた時のショックで切れることがあるので、ミチ糸の先端にチカラ糸を付けます。

このチカラ糸は、テンビンを投げた瞬間に力が加わる部分(人差し指に掛ける部分)が太く、ミチ糸と結ぶ側が細くなっています。

チカラ糸の選び方ですが、ミチ糸と同じ太さの物か1号程度太い物にします。例えば、ミチ糸がナイロンの3号ですとチカラ糸は3号もしくは4号~12号の物を選んで下さい。

テーパーライン

テーパーライン ミチ糸とチカラ糸が一体になった「テーパーライン」というものがあります。このラインはチカラ糸とミチ糸の結び目が無い為扱いやすいのですが、根掛りした時に困ってしまいます。

何故かと申しますとちょっと弱った部分などがあるとその部分から切れたりします。そうなると高価なラインが一発でパーになるからです。

テンビン

テンビン 投げ釣り用のテンビンは、色々(海草テンビン、スパイクテンビン、エンダーテンビン、ジェットテンビンなど)あって初心者には比較的何処にでも売っているジェットテンビン(下の画像)がお勧めです。
テンビン

個人的には海草テンビン(遊動式 左上の画像)を使っています。喰いこみが良く距離が出やすくアタリが鮮明に分かるという理由からです。

仕掛け(幹糸 枝ス ハリス 針)

針 針は、投げ釣り専用の物を使います。画像左の針は上級者が自作する為の物です。初心者は、各メーカーから投げ釣り用の仕掛けが売られていますからそちらを使うと良いでしょう。また、市販品に飽きてきたら自分で作るのもなかなか楽しいものです。
注意
カレイ針はすっぽ抜けする事もあります。 実際、私も何度か経験した事があります。